スポンサーリンク

赤木雅子の顔は?なぜあんなにしつこいの?

話題

赤木雅子さんがツイッターやヤフーニュースで話題になっているようですね。

そこで今回は、「赤木雅子の顔は?なぜあんなにしつこいの? 」という話題に迫ってみたいと思います。

財務省決裁文書の改ざんを巡る訴訟で国が請求を受け入れたことに関し、自殺した近畿財務局の元職員の妻赤木雅子さんは記者会見で「負けたような気持ちだ」と話した。代理人弁護士は「国は隠したい事実があるのではないか」と批判した。

引用元 https://news.yahoo.co.jp/articles/524f0db942d64d11fe800aa058b0d0cf3f5f846b

スポンサーリンク

世間の反応

大物が関わっているのだろうか?
根幹にかかわる問題。
名前を出せないので隠蔽するためには、裁判を穏便に済まさないといけない。
そのための賠償責任を認めざるを得ないのか?
お金ではなく、真実を明らかにしてほしいということでしょう。賠償金払っておしまい、となりそうだからでは?
これまでのことを考えると責任を認めた、ということだけでも驚きです
国は裁判になってこれ以上探られるのを嫌ったのではないでしょうか。
この言葉は、真実に辿り着けない(これ以上の情報を手に入れられない)ことに対しての悔しさなのかな、と考えました。
事実を公開する事が出来ないのでしょうか?
これは、マスコミも国民も事実を出すまで言い続ける事をしないといけないとおもいます。
他にも国民の知らない所で誤魔化した事が行われてしまっているのではないのでしようか?
そして、これからも誤魔化しを続けて悪さをするのでしょう。
今の政府。解体しないといけないと思います。
よくわからない、、。国が改竄が負担になった事を認めた。
違法である公文書改竄を認めた事から、話しは次に向かわないの?
前進ではないの?

赤木雅子の顔は?

赤木雅子さんは財務省近畿財務局の赤木敏夫の妻で、ごく普通の人です。

そのため、彼女の顔は映っていません。

赤木雅子さんの顔についての情報はほぼ分かっていません。

赤木雅子さんの顔の報道は今後もなさそうです。

顔画像は報じられていませんが、またニュースで報じられる場合もありますので

その際はまたここに追記していきます。

赤木雅子さんってなぜあんなにしつこいの?

赤木雅子ってなんであんなにしつこいのでしょうか?
フツーの妻じゃないのでしょうか?

そのツイートを目にして赤木雅子さん(50)は、そっと声を絞り出した。
「夫は、これで三回殺されたんですね……」
 夫とは財務省近畿財務局の職員だった赤木俊夫さん(享年54)。ツイートは、安倍晋三前首相その人の公式ツイッターのものである。
 三回殺されたとはどういうことか? 一回目は、俊夫さんが森友学園との国有地取引を巡る公文書を改ざんさせられ、死に追い込まれたことを指す。二回目は妻の雅子さんが去年三月、国などを相手に裁判を起こし真相解明の再調査を求めた時、当時の安倍首相や麻生太郎財務大臣が「必要ない」と拒否したこと。国は俊夫さんが改ざんの実態をまとめた「赤木ファイル」の存在も認めなかった。そして三回目は、ようやくファイルが開示された二日後、安倍前首相の公式ツイッターに記されたこのツイートだ。
【赤木氏は明確に記している。「現場として(森友学園を)厚遇した事実はない」この証言が所謂「報道しない自由」によって握り潰されています。《秘書アップ》】
 赤木雅子さんはなぜこれを「夫は三回殺された」と表現したのだろうか?
引用元 https://ch.nicovideo.jp/shukanbunshun/blomaga/ar2032486

国がすべての請求を認めて審理を終結する場合
請求金額の全額支払いとともに
請求額を全額支払うことで、赤城文書改ざんの真相を公的に追及する道も閉ざされます。

裁判所の承認を得て手続きを終了することは、金銭よりも真実を明らかにすることを目的とした手続きが発生する可能性のあるシナリオの1つです。
このような状況も想定されます。

このような措置(解雇を認めること)を回避する方法はいくつかあります。
例えば、謝罪広告を請求に含めるとか、妻自身の費用も相場の数倍とすることも可能です。

しかし、今回の件は、まったく回避策をとっていないようです。
事実を隠そうとする国を批判するのではなく、もっと慎重になるべきでした。
依頼人の真の目的を理解し、プロの弁護士としての仕事をするべきだったと思います。

まとめ

たしかに、国に賠償金を払うことが認められたのはよかったが、一方で、これ以上、国に問題を掘り下げられたくないという思いもあります。
妻にとっては、お金の問題ではなく、夫がなぜ自殺したのか、その真相を知りたいのでしょう。
注目すべきは、元首相とその配偶者の関与が噂される程度です。しかし、それが明らかになったとしても、失われた命は元には戻らない。国家はお金だけでなく、もっと人の命を大切にすべきですね。

タイトルとURLをコピーしました