スポンサーリンク

犬の目やにが緑の原因は?黄色も危険?消化にいい食べ物は?

話題

犬の過剰な目ヤニや、目やにが緑の原因はなにが考えられるでしょうか?
そのうち治るだろうと思っていると、症状が悪化して取り返しのつかないことになるかもしれません。

少しでも気になることがあれば、すぐにかかりつけの獣医師に相談してください。

この記事では、緑色の目やにの原因を解説いたします。

スポンサーリンク

犬の緑色の目やには病気?

緑色の目やにでしたら、緑膿菌の可能性が非常に高いです。

再発防止のためには、基礎疾患(原因)を見つけることが重要です。細菌感染を治療するだけでは、再発を防ぐことはできません。

結膜充血(目の充血)や羞明(目の渋み)など、他の目の症状がある場合は、感染症や炎症など、何らかの目の病気にかかっている可能性があり、治療が必要になります。

目やにの量

目ヤニが多い場合や、目ヤニが取れてもすぐにまた目ヤニが出る場合は注意が必要です。

目やにの色

茶色、灰色、白が普通ですが、濃い黄色や緑の場合は注意が必要です。それはまた、明確であるかもしれません。この場合、泣いているように見えますが、わかりにくいこともあるので、こまめにチェックすることが大切です。

犬の目やにが黄色いのも危険?

一般的な目やには、茶色、黒、灰色、白などがありますが、黄色や緑色の目やにが出た場合は、感染症の可能性があるので注意が必要です。

黄色や緑色の目ヤニは、眼瞼炎や結膜炎などの細菌感染の可能性があります。また、ドライアイ(角結膜炎)、角膜潰瘍、緑内障、白内障、ぶどう膜炎などの病気の可能性もあります。

病気の目からの分泌物は、生理的な目の分泌物とは異なり、通常は濃くて粘性のあるタイプのものです。目の上だけでなく、まぶた全体を覆うこともあります。当初はしっとりとしていますが、時間が経つと乾燥し、まつ毛や目の周りの毛や皮膚に付着します。

犬の目やには敏感に!よく観察し対処してあげること

大量の目ヤニは、目の感染症や鼻炎が鼻と目をつなぐ鼻涙管にまで広がっていることが原因と考えられます。
まぶたを刺激しないように、ぬるま湯でやさしく拭いてください。

目ヤニの原因としては、目の病気が最も多い。また、目ヤニはウイルス感染症の症状であることもあり、重篤な状態になることもあります。
特に、ワクチンを接種していない子犬が目ヤニを出していたら、すぐに医療機関を受診してください。

白目、赤目、涙目、涙が多いなど、気になる症状がある場合や、定期検診としてもご相談ください。

消化不良の原因としては、アレルギー、偏食、食べ過ぎ、食べるものの種類の変化などが挙げられます。

緑色・黄色の目やにの原因は食べ物の可能性もあります。
消化に良い食べ物を与えるようにしてください。

消化にいい食べ物は?

消化の悪い食べ物を与えている可能性があります。ここでは、犬が食べても安全で消化しやすい食品を紹介していますので、愛犬のために手作り食を作っている方は参考にしてみてください。

キャベツ

キャベツには、消化を促進するビタミンUが含まれているほか、腸内環境を整える食物繊維も豊富に含まれています。ミキサーにかけたり、ホットディッシュとしても食べられます。大量に投与してはならず、少量ずつ投与することが望ましいです。

りんご

りんごには、腸内環境を整える成分が含まれています。それをすり潰して、少量を与える。動物によってはリンゴにアレルギーがある場合がありますので、大量に与えないようにしてください。

白菜

キャベツには食物繊維が多く含まれており、腸の運動を促進する働きがあります。温めて食べてもいいし、小さく切って少量ずつ与えてもいいです。

鶏肉/白身魚

鶏肉や白身魚は脂肪分が少ないので、消化が早く、胃腸に負担がかかりません。鶏肉/白身魚はいいタンパク源ですが、摂りすぎには注意が必要です。

納豆・豆腐

納豆や豆腐などの大豆製品には、タンパク質や、カルシウム、マグネシウム、モリブデンなどのミネラルが豊富に含まれています。また、消化酵素も含まれており、迅速な消化と腸内環境の調整に効果的です。
大豆アレルギーのリスクがあるため、少量ずつ与えることが推奨されています。

タイトルとURLをコピーしました