1.DraftSightについて

DS-logo
DraftSightは、『CATIA』や『SolidWorks』で有名な「ダッソー・システムズ」が提供する無償の2次元CADです。
DraftSightは、「オートデスク」の汎用2次元CAD『AutoCAD』と同等の機能を持つ2次元CADなので、以下のような方にお薦めできる2次元CADです。

・AutoCADユーザーで、自宅でも作業を行いたい方。
・学校やパソコンスクールでCADの勉強しているが、自宅学習も行いたい方。
・安価でAutoCADと同等の機能を持つ2次元CADを導入したい方。

DraftSight導入を薦める大きな理由に次の点が挙げられます。

①無償版と有償版で基本機能は同じ

有償版である「DraftSight Premium」には、JISに準拠したライブラリやAPIによるカスタマイズ機能が搭載されています。必要に応じてアップグレードしていけばよいと思います。

②WindowsだけでなくMac OSやLinuxにも対応するマルチプラットフォーム

多くのソフトウェアがWindowsとMac OSにのみ対応しているなかで、Linuxにも対応しています。
Windows XPのサポート終了によりLinuxに移行しているケースなどでも導入に際しOSを考慮する必要がありません。

③業界標準のDWG/DXF ファイルの作成、編集、閲覧が可能

業界標準のDWG/DXF ファイルに対応しているので職場と自宅、外注先などとのデータのやり取りも行えます。

※本サイトでは、Linux版を使用した解説を行っていきます。

 

下記サイト(DraftSightオフィシャルサイト)からダウンロード出来ます。

http://www.3ds.com/ja/products-services/draftsight/download-draftsight/

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました