3.3 ブロックを作成 – その1

3.3 ブロックを作成(MAKEBLOCK)

ブロックとは、1つ以上の関連付けられたエンティティの集まりです。よく使用する図形に名前を付け、基点を設け、登録しておきます。ブロックは尺度や回転角度を指定して、図面に挿入できます。また、挿入されたブロックは1つのエンティティとして認識されるので、編集する場合は、必ず分解を行わなければなりません。

3.3.1 ブロック作成方法

[icon image=”finger1-bk”]コマンドの選択方法

  • メインメニュー:【作成】 ⇒ 【ブロック】 ⇒ 【定義】
  • 作成ツールバー:3.2 円アイコンをクリック
  • コマンドウィンドウ:[B]⇒[Enter]を押す

手順①コマンド選択:コマンドを選択すると「ブロック定義」のダイアログボックスがく開く
手順②名前欄にブロック名を記入。必要に応じ説明欄を記入。
手順③設定項目で、ブロック挿入時 X,Y 方向其々に尺度を指定する場合は「均一な尺度を適用」のチェックを外す。
手順④基点の「グラッフィック領域内で選択」ボタンを押し、作図画面上で基点をクリックする。
手順⑤ブロックエンティティで「グラッフィク領域内で選択」ボタンを押す。作図図面内で、ブロック化するエンティティ群を選択し右クリック。
手順⑥下に表示されているオプションで元の図形を、ブロック化、削除等を指定する。
手順⑦『OK』をクリック
3.3 ブロックを作成(MAKEBLOCK)コマンド

タイトルとURLをコピーしました