3.3 ブロックを作成 – その2

3.3.2 ブロックの挿入(INSERTBLOCK)

[icon image=”arrow1-gr”]準備

[icon image=”finger1-bk”]コマンドの選択方法

  • メインメニュー:【挿入】 ⇒ 【ブロック】

手順①コマンド選択:コマンドを選択すると「ブロック挿入」のダイアログボックスが開く

手順②参照ボタンを押し、プレビュー画面で挿入するブロックを確認して選択。
手順③挿入位置を X,Y 座標で入力。「後で指定する」にチェックを入れると、作図図面上で指定できる。
手順④挿入後の尺度を入力。「後で指定する」にチェックを入れると、作図図面上で指定できる。
※ブロック作成時に「均一な尺度を適用」のチェックを外していた場合、X 方向尺度と Y 方向尺度の入力が必要。
手順⑤挿入後の角度を入力します。「後で指定する」にチェックを入れると、作図図面上で指定できる。
手順⑥『OK』をクリック。3.3.2 ブロックの挿入(INSERTBLOCK)コマンド

[icon image=”arrow1-gr”]ブロック挿入開始

手順⑦図面上でブロック挿入位置をクリックする。
手順⑧尺度を事前に設定していない時は、コマンドウウィンドウに入力する。
ブロック作成時に、「均一な尺度を適用」のチェックを外していた場合は、X 方向尺度とY 方向尺度の入力が必要。
手順⑨角度を事前に設定していない時は、コマンドウウィンドウに入力する。

 

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました