3.3 ブロックを作成 – その3

3.3.3 外部ブロックとして登録(WBLOCK)

外部ブロックとして登録しておけば、他の図面を作成する時も使用可能です。機械要素や各種指示記号、建具などのよく使われる図形を共有サーバーなどに保存しておくと作業効率アップに繋がるので、是非とも利用をお勧めしたいコマンドの1つです。

[icon image=”finger1-bk”]コマンドの選択方法

  • コマンドウィンドウ:[WBLOCK]⇒[Enter]を押す

手順①コマンド選択:「ファイルを保存」のダイアログボックスが表示される。
手順②ソースを「ブロック」とし、参照ボタンを押し、プレビュー画面で登録するブロックを確認して選択。
手順③保存先のフォルダーを必要に応じ変更する。
手順④『OK』をクリック
※外部ブロックはブロックの挿入コマンドを使用して呼び出します。方法は、「3.3.2 ブロックの挿入(INSERTBLOCK)コマンド」参照のこと。
3.3.3 外部ブロックとして登録(WBLOCK)コマンド

 

 

 

 

タイトルとURLをコピーしました