5.1 エンティティの選択

DraftSight の編集ツールを使用して様々なエンティティの編集を行うことが出来ます。編集コマンドの実行には『修正』ツールバーを使います。
[icon image=”finger1-bk”]コマンドの選択方法(下記は削除コマンドの場合)

メインメニュー:【修正】 ⇒ 【削除】
作成ツールバー:4.2 削除アイコンをクリック
コマンドウィンドウ:[E]⇒[Enter]を押す

 

図形の修正を行う際、エンティティを選択する必要があります。ここでは、エンティティの選択方法を解説します。

5.1 エンティティの選択

文字や図形など編集可能な要素のことを「エンティティ」と呼びます。
選択されたエンティティは破線でハイライト表示します。また、コマンド非実行時のみエンティティグリップ(青色の四角形)も表示されます。

5.1.1 直接選択

操作:エンティティを直接クリックすることで選択します。

5.1.2 ウィンドウ選択:複数のエンティティを選択します。

操作:カーソルを左から右斜め(上下どちらでも可)に移動し出来た矩形(青の実線)に完全囲まれたエンティティが選択されます。
※矩形に完全に囲まれていないエンティティは選択されません。
2-4-2 ウィンドウ選択1 2-4-2 ウィンドウ選択2 2-4-2 ウィンドウ選択3

5.1.3 交差選択:複数のエンティティを選択します。

操作:カーソルを右から左斜め(上下どちらでも可)に移動し出来た矩形(緑の実線)に完全または部分的に囲まれたエンティティが選択されます。
2-4-3 交差選択1 2-4-3 交差選択2 2-4-3 交差選択3

 

 

 

コメント

  1. ds-cad より:

    上杉検診様

    コメントありがとうございます。
    ご指摘のように不要でした。
    修正させていただきます。

    今後ともよろしくお願いいたします。

タイトルとURLをコピーしました