現在のポインタの座標表示を相対座標に変更したい

初めて作図を行う場合など具体的な数値が決定していないこともあるかと思います。
そんな時、作図中に大体の寸法が分かれば便利です。

画面右下に現在のマウスポインタの座標を表示している箇所がありますが、何か表示の切替などの操作をしていなければ絶対座標で表示されています。
これを相対座標表示に変更することで大体の寸法が分かります。

ここでは、線分コマンドを実行する場合を例に進めていきます。

始点は通常通りに指定します。
次の点を指定するときにひと操作します。
現在の座標を表示している箇所にポインタを動かし
右クリックすると下図のようにメニューが開きます。

01 - 相対座標

ここで『相対』をクリックすると相対座標表示に切替わります。(下図)

02 - 相対座標

この座標表示を確認しながら大体の寸法で作図できるかと思います。
ただ、図を見ると分かるように極座標表示になっているのですが直交座標も選択できれば作業の幅も広がるかと思うのですが・・・

線分を描く場合など、一度描き終えてから寸法を測り数値を丸めて描画し直すといった手順を踏むことになりそうですね。
ちょっと、手間が掛かる気がしないでもないですが何か良い方法があれば記事にしたいと思います。

タイトルとURLをコピーしました